無料ブログはココログ

おすすめ

Adsense

  • Mindmap / 文具

« 2007年5月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月26日 (木)

個人:いまさらながら牙狼

その当時、2,3回は見ていたんですが
最近会社の人がハマって勧められてみていると
勧められた人よりハマってしまい、どうにも欲しいものばかり・・・

イクイップ&プロップVOL.1 ガロ(鋼牙)&魔導輪ザルバ
イクイップ&プロップVOL.3 銀牙騎士ゼロ&魔導具シルヴァ
イクイップ&プロップVOL.2 烈火炎装ガロ&魔導火
イクイップ&プロップVOL.4 ガロ(大河Ver.)&轟天&魔導刻
イクイップ&プロップVOL.5 心滅獣身ガロ&魔導輪ザルバ ダメージVer.
イクイップ&プロップVOL.6 キバ&駈音ペンダント
イクイップ&プロップVOL.7  ガロ翼人&カオル&カオルの指輪
イクイップ&プロップ VOL.8  白夜騎士ダン&魔導具ゴルバ
Perfect-Action~Double-Action Complete Collection~



「依存する人」を「変化を起こす人」にどう育てるか

イノベーションのジレンマ―技術革新が巨大企業を滅ぼすとき (Harvard business school press)

つい口に出る「微妙」な日本語 その言い方は他人にどう聞こえているか (ソフトバンク新書 70)

リストのチカラ [仕事と人生のレベルを劇的に上げる技術]

SEのための価値ある「仕事の設計」学

Googleを支える技術 ~巨大システムの内側の世界 [WEB+DB PRESS plusシリーズ]

英語は逆から学べ!~最新の脳科学でわかった!世界一簡単な外国語勉強法~特殊音源CD付き(全外国語対応)

最少の時間と労力で最大の成果を出す「仕組み」仕事術

キラー・リーディング  「仕事脳」が劇的に回り出す最強の読書法 (JBシリーズ)

2007年7月19日 (木)

ぺんの携帯

最近、マップ書くのが復活しています。
一応、いつでも書けるように、ペンとノート(A4無地のレポートパッドなど)をつねにカバンに忍ばせています。

カバン: Crumpler カラチアウトポスト ガンメタル×グレー KO-03
 T42pと書籍数冊、メモパッドにペン数種類、バイクの空気入れなど
 総計5~6kg ありそうな「クランプラー チーム・プレーヤー
 A4サイズ17インチのThinkPadも付属のインナーケースにすっぽり収まる
 見た目にもおしゃれなリュックタイプのカバン
 さすがに物が多すぎて、チャックが悲鳴を上げています。

現状のペンケースはドクターイオンのマルチインバッグ ハンドケースを使用しています
これは箱形状のケースで内部が2分割されているものです。

箱形状だけに、持ち運びは非常に邪魔になっています。
何気なく検索しているとカバンを軽くする文具7選 2007 という記事を発見
ここにはロール筆入れなるものが紹介されています。

携帯するにはカバンの空きによって形状を変えることができるのはすごくありがたいことです。
しかも、使うときにも広げておけるので、使いたい色をすぐに取り出せそうです。

ペンばかり増えていく今日この頃ですが、ちょっと使うとき、持ち運ぶときを
意識して、楽しくできるように試してみたいと思っています。

皆さんはどんな方法で持ち運んでいるのでしょうか・・・

2007年7月18日 (水)

後輩を育てるには

昨年末頃より、一人中途採用の人のフォロウをしている
業務が直接関係しないこともあるのですが、所属組織的に
後輩になるので、色々やるのですがどうも上手くいかず。

色々聞いてみるものの、どうも将来像見えてない模様
なんとなく「コレ」というのはいえるのだが、明確ではなく
それに向かって自分で少しずつでもやっている節が見えない。

基本的に、注意されたりすると異常なほど落ち込むのだが
何処から来るのかわからない、へんな自信を持っている部分もある。

一体、どうやったら社会人でも頭を回転させるための
週間が身につくんでしょうか・・・

色々思案しているときに、私にヒットしたのが
webookのメルマガで紹介されていたこの書籍ちょっと読んでみます。

2007年7月 2日 (月)

マインドマップ 事例

マインドマップによる、ソフトウェア開発での利用事例

および、ソフトウェアテストの事例が書籍で出ています。

きちんと読めていませんが、実際にマインドマップを利用して
見える化もやりつつ、情報共有なんかもしているものでした。

本来、このあたりって実際に使える事例が少なかったので
一度参考にしてみるのも良いかも知れません。

テストも、開発も「基本」=「雛形」として
対応していけると、個人差を極力少なく
できるとは思うものの、最終的には経験が物を言う
経験を、文字にしたところで身につかないからなぁ・・・

« 2007年5月 | トップページ | 2007年8月 »